楽天市場

2019/06/18

楽天と西友、離島の観光地に商品を届けるドローン配送サービスを今夏提供へ

楽天と西友、離島の観光地に商品を届けるドローン配送サービスを今夏提供へ

 楽天株式会社は17日、西友と共同して神奈川県横須賀市内の「西友 リヴィンよこすか店」から観光地である猿島を訪問している一般利用者へ商品を届けるドローン配送サービスを2019年7月4日(木)から約3か月にわたって提供すると発表した。

生鮮品や救急用品など約400品目を注文可能

 猿島は東京湾唯一の無人島で、夏場にはバーベキューや海水浴、釣りなどが楽しめるとあって、年間20万人が訪れる人気の観光地。今回のサービスでは、猿島を訪れた観光客が専用の「楽天ドローン」アプリをダウンロードし、生鮮品を含む食材や飲料、救急用品など約400品目の中から希望の商品を注文することで、猿島の対岸に位置する「西友 リヴィンよこすか店」からドローンを使って配送される。配送時には西友が新たに開発した専用の保冷バッグを使用し、指定された時間内に猿島内のドローン着陸ポートに届けられる。離島における一般利用者を対象としたドローン商用配送サービスは国内初の試みとなる。

ドローン配送普及の足がかりに

 今回のサービスは主に海上を飛行するため、より安全性を確保した上でのドローン配送を実施することができる。また、横須賀市が現在推進している、スマートモビリティ(賢い移動運搬手段)」を活用した新規ビジネスの創出「ヨコスカ×スマートモビリティチャレンジ」も今回の新たな取り組みを後押しする一因となった。楽天は今後も引き続き「より多くの方にドローン配送の利便性を感じていただけるよう、イノベーションを加速させていきたい」としている。

カテゴリーごとに学ぶ