ECCUBE

2019/06/10

サイバーセキュリティ対策のプロフェッショナル集団 EGセキュアソリューションズ、EC構築オープンソース「EC-CUBE」サイトを対象にEC-CUBE無料セキュリティチェックの提供を開始

サイバーセキュリティ対策のプロフェッショナル集団 EGセキュアソリューションズ、EC構築オープンソース「EC-CUBE」サイトを対象にEC-CUBE無料セキュリティチェックの提供を開始

 イー・ガーディアン株式会社のグループ会社であるEGセキュアソリューションズ株式会社は、株式会社イーシーキューブが提供するECオープンプラットフォーム「EC-CUBE(イーシーキューブ)」の公認サービスとして、「EC-CUBE」のサイトを対象に、EC-CUBE無料セキュリティチェックと費用に応じたセキュリティ強化支援サービスの提供を開始した。

 EGセキュアソリューションズは、サイバーセキュリティ対策のプロフェッショナル集団として、ウェブアプリケーションやプラットフォームなどの脆弱性診断、情報セキュリティ・情報システムに関する監査、コンサルティングなど、インターネットセキュリティにおける課題解決を目的としたサービスを幅広く提供している。また、2018年10月よりECオープンプラットフォーム「EC-CUBE」のセキュリティアドバイザリーとして、継続的な「EC-CUBE」並びにEC業界全体のセキュリティ向上に貢献してきた。

 現在、ECサイトの脆弱性を突いて決済画面が改ざんされクレジットカード情報が抜き取られる被害が日本国内で増加し、社会問題となっている。2018年6月1日に施行された「割賦販売法の一部を改正する法律(改正割賦販売法)」では、クレジットカードを取り扱うEC事業者などに対して、「クレジットカード情報の適切な管理」と「不正使用防止対策の実施」が義務付けられている。具体的な対策が記載された『クレジット取引セキュリティ対策協議会の「実行計画」』内ではクレジットカード情報番号の非保持化が柱となっているが、現在の攻撃手口を鑑みると、非保持化だけでは十分にカード情報を保護できる状況ではない。さらに、コスト面やノウハウ不足により十分な対策を講じ切れていないECサイトも多くあるなか、被害を未然に防ぐため、サイト運営者は自社サイトの脆弱性診断や情報漏洩対策を実施するなどセキュリティの向上が必須となっている。

 このような現状を受け、EGセキュアソリューションズは、セキュリティ対策の必要性を認識しながらも、コスト面やノウハウ不足により十分な対策が出来ず課題を抱える「EC-CUBE」のサイトオーナーやサイト制作者向けにイーシーキューブ公認となる「EC-CUBE無料セキュリティチェック」の提供と相談窓口の開設をする運びとなった。加えて、「EC-CUBE無料セキュリティチェック」以外にも

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ