イベントセミナー情報

2019/05/28

アジア市場での越境ECの参入方法・プロモーションを紹介 「海外でモノを広めるPR×モノが動く越境EC」セミナーを6/18に開催

アジア市場での越境ECの参入方法・プロモーションを紹介 「海外でモノを広めるPR×モノが動く越境EC」セミナーを6/18に開催

 総合PR会社の株式会社ベクトルの中国現地法人である維酷公共関係諮詢(上海)有限公司(ベクトル中国)は、BEENOS株式会社の子会社で越境ECのサポートサービスを運営するtenso株式会社と共同で、アジア市場での越境ECの参入方法や効果的なプロモーションを紹介する「海外でモノを広めるPR×モノが動く越境EC」セミナーを2019年6月18日(火)に開催する。

 中国のEC企業アリババが2009年に開始した「W11」は、10年目の2018年には一日で2135億元(約3兆4160億円)もの売上を記録した。この成功を受け、「W12(ダブルトゥエルブ)」や「618セール(京東の日)」など他のECセールイベントも行われるなど、中国のEC市場は今後もさらなる成長と活況が見込まれている。日本企業も中国やアジア市場でのEC参入に取り組んでいるが、参入後の効果を最大化するためのプロモーション、さらに参入のための正確な情報を持ち合わせていないのが現状だ。

 同セミナーは、国内EC企業の越境ECサポートを長年経験し、日本の商品・サービスを世界中に届ける越境EC領域のパイオニアであるtenso株式会社とベクトル中国が“PR×越境EC”というテーマで開催。ベクトル中国からは今年のW11に向けての効果的なプロモーションについて説明する。また、tensoはアジアEC市場について、10年に渡る購買データや日本企業の海外進出事例を基に、越境ECの始め方や効果的な進出手法について説明するという。

開催概要

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ