イベントセミナー情報

2018/12/06

越境ECサイト構築の提案勝率100%の声アリ、 「Shopifyぶっちゃけどうなの?」Shopifyパートナーが徹底解説

越境ECサイト構築の提案勝率100%の声アリ、 「Shopifyぶっちゃけどうなの?」Shopifyパートナーが徹底解説

 世界175カ国で60万のアクティブストアが運営されているマルチチャネルコマースプラットフォームを運営するShopify Inc. の日本法人Shopify Japan 株式会社は、Shopifyのシステムを使用しECサイトを構築しクライアントに提供することを検討している日本の企業を対象とし、Shopifyが日本国内で進めるローカライズ状況や新機能、そしてパートナープログラムについて理解を得るためのセミナーを11月30日(金)にカナダ大使館にて実施し、延べ100人超が集結した。

 Shopify利用者の実に85%(約50万)がパートナーのサービスを利用しており、約半数(47%)がパートナーのサポートを受けてサイトを提供していることから、Shopifyでは「すべてのパートナーはShopifyの成功に欠かせない存在である」という考えを持っている。そんな中、今回のセミナーでは、Shopifyを使用して企業のECサイトを構築しているパートナー企業に対し、Shopifyのローカライズの現状や新機能、またパートナープログラムについての紹介を行った。

 また、株式会社ビジョナリーホールディングス執行役員の川添氏をモデレーターとし、3名のShopifyパートナーを迎え、Shopifyについてのパネルディスカッションを実施。日々Shopifyと向き合い、実際に構築を行っている人々より、他社製品と比べた時のShopifyの使い勝手の良さや優位性、今後改善してほしいことなど様々な角度から意見を聞く機会となった。

イベントプログラム

第一部     『パートナープログラムについて』
●     Shopify Japan 株式会社 カントリーマネージャー マーク・ワング氏より挨拶
●     ローカライズ情報と新機能とパートナープログラムについて
  Shopify Japan 株式会社 パートナーシップ兼事業開発部長 徳満泰彰氏

第二部 『パネルディスカッション - Shopifyぶっちゃけどうなの?-』
●     日本の最前線で活躍するパートナーが語るShopifyとは?
  モデレーター:株式会社ビジョナリーホールディングス 執行役員
  デジタルエクスペリエンス事業本部 本部長 川添隆氏
 
 第一部では、11月23日(金)~26日(月)に世界中で行われたブラックフライデー・サイバーマンデーの期間中に、Shopify利用サイトの中だけでも1700億円もの取引が行われ、1分間で10978点もの商品が購入された様子を紹介。更に、Shopifyのエコシステムの価値、最新のテクノロジーを活用したマーチャントの事例などを交えてShopifyのプラットフォームとしての様々な機能紹介、そしてShopifyエコシステムやコミュニティの成長を支えているパートナープログラムの紹介。また、2019年は更なるローカライズ化を目指すことなどが語られた。

 続く第二部では、モデレーターの川添氏をはじめとして、フラクタの河野氏、飛躍の明石氏、アパレルウェブの東氏にが登壇し、「Shopifyぶっちゃけどうなの?」と第三者目線の意見が語られた。その中で、Shopifyの特徴の1つである越境ECに関する意見が多く、「多言語・多通貨に対応しているため越境支援のしやすいプラットフォームであり、越境ECを検討しているクライアントに対しての勝率が100%」「海外だと日本と住所の入れ方も違う中で、その国に合った仕様に対応できている」「中国向けのサイト需要が高まっている中で対応できるプラットフォームはありがたい」などの意見があがったという。​

 また、Shopifyの特徴として0からサイトを構築するのではなく、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ