キャンペーン・セール

2018/11/21

マージェリック、TikTok向けコンテンツ開発・広告配信でパートナーシップ契約を締結

マージェリック、TikTok向けコンテンツ開発・広告配信でパートナーシップ契約を締結

 AIを活用したEC運用支援ツール「bambooshoot」などを提供している株式会社マージェリックは20日、オリジナルビデオを作成できるショートムービーアプリ「TikTok」とコンテンツ開発及び広告販売を強化するための広告パートナーシップ契約を締結したと発表した。

 昨今、若年層のビジュアルコミュニケーションはバナーから動画へのシフトが顕著となっており、中でもショートビデオはデジタルネイティブ世代のポップカルチャーをリードしているという。事実、ユニークな音楽に合わせて独自の動画を編集し、約15秒のオリジナルビデオとして友人とシェアすることのできる「TikTok」は、2018年第一4半期のiOS無料アプリランキングで1位となっており、若者層を中心に利用者が増加している。デジタルネイティブの若い世代をいかに早期から獲得しておくかは、少子高齢化・人口減少の進む日本では喫緊の課題であり、各社まさに争奪戦といったところだ。今の「TikTok」の人気を衰えさせることなくマネタイズに繋げることのできる新たな一手を模索したいところで、今回のパートナーシップ締結により事業拡大に繋がるのか、注目したいところだ。

 尚、「広告パートナーシップ記念キャンペーン」と題し、「TikTok」「Buzz Video」掲載用の動画制作費が2018年12月25日(火)23:59までの期間限定で最大90%OFFとなるキャンペーンも実施している。

カテゴリーごとに学ぶ