決済

2018/11/14

スマホ決済サービス「PayPay」が「Yahoo!JAPAN」アプリと連携

スマホ決済サービス「PayPay」が「Yahoo!JAPAN」アプリと連携

  ヤフー株式会社(以下、「ヤフー」)は12日、スマホ決済サービス「PayPay」と「Yahoo!JAPAN」アプリとの連携を開始すると発表した。「PayPay」を運営するPayPay株式会社は、ヤフーとソフトバンク株式会社が今年6月に設立した合弁会社で、バーコードやQRコードを使った実店舗での決済サービスを提供してきた。

 これまで「PayPay」を利用するには専用のアプリをダウンロードする必要があったが、多くの利用者のいる「Yahoo!JAPAN」アプリからも「PayPay」アイコンをタップまたはツールタブ上部から選択することで利用できるようになる。
 現在「PayPay」を利用できる店舗は「白木屋」や「魚民」といった居酒屋や飲食店などに限られてきたが、今後「ファミリーマート」などのコンビニやドラッグストア、「earth music&ecology」などのアパレルにも拡大予定で、利便性はますます高まりそうだ。

「PayPay」を利用するには、お店にQRコードの提示がある場合はスマホでQRコードを読み取り、会計金額を入力、店員が画面を確認すれば会計が終了する。また、QRコードの提示がない場合でも、スマホで「PayPay」専用のバーコードを表示し、店側がそれを読み取ることで会計を済ませることができる。
 尚、今回の連携開始に伴い、ヤフーの提供している決済サービス「Yahoo!ウォレット」の実店舗におけるスマホ決済昨日は11月5日をもって提供を終了しており、今後は「PayPay」を通じて日本全国キャッシュレスで買い物ができる世界を目指したいとしている。

カテゴリーごとに学ぶ