最新EC・ネットショップ情報

2018/10/17

人気家具ブランドのインテリアを月額定額で利用できる家具シェアリングサービス「airRoom」が正式リリース

人気家具ブランドのインテリアを月額定額で利用できる家具シェアリングサービス「airRoom」が正式リリース

 株式会社Elaly(エラリー)は12日、2018年7月よりβ版として運営してきた家具のシェアリングサービス「Smart Room」を「airRoom」にサービス名を変更した上で、正式リリースしたと発表した。また、株式会社サムライインキュベートや複数の個人投資家などから資金調達を行ったことも併せて発表された。
 「airRoom」とは、「住むをエンターテイメントする」をコンセプトに、月額500円から高品質な家具やインテリアを最大12ヶ月間利用することができる家具のシェアリングサービスで、既存の家具所有のあり方だけでなく、必要な期間のみ家具を利用する新しい所有のあり方を提案するサービスだ。引越しや単身赴任などのニーズに対して必要な家具を1点から利用することができる手軽さが魅力で、β版公開から3ヶ月で1,000名を超えるユーザーが利用するサービスへと成長した。
 今後は家具一覧機能、マイページ機能、決済機能などをより一層充実させる予定で、家具やインテリアを1点ずつだけでなく、部屋のテーマに合わせてパッケージでサブスクリプションが提案できるシステムも近日中に提供を予定しているという。
 既存の価値観を壊して、新たなライフスタイルを受け入れてもらうという作業は時間と手間のかかる作業だが、ニーズに確実にマッチすれば徐々にでも浸透していく可能性は十分ある。正式リリースをした今後の展開が楽しみだ。

カテゴリーごとに学ぶ