越境EC

2018/10/09

阪急阪神ロジスティクス、インドネシアで保税物流センターのライセンスを取得

阪急阪神ロジスティクス、インドネシアで保税物流センターのライセンスを取得

 株式会社阪急阪神エクスプレスのインドネシア現地法人である阪急阪神ロジスティクス インドネシアは、インドネシア税関総局から、保税物流センターのライセンスを、ジャカルタ近郊に位置するMM2100倉庫で取得した。
 保税物流センターは、インドネシア政府の経済政策の一環として国内製造業の競争力強化並びに、ASEAN諸国内における物流ハブ化を目的に2015年に制定された。これにより蔵置期間が最長3年、通関手続きの簡便化による貨物の迅速な引取りなどのメリットがあり、より高品質な物流サービスの提供が可能となる。

施設概要

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ