物流・在庫管理

2018/10/08

ヤマト運輸「流山主管支店」新ターミナルの開所について

ヤマト運輸「流山主管支店」新ターミナルの開所について

 ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社は、北関東支社流山主管支店内に新しい物流ターミナル「流山ベース」を新設し、2018年11月20日より稼働を開始すると発表した。

 ヤマト運輸はさらなるサービス品質向上と業務効率化を図るため、千葉県流山市に物流ターミナルを新設する。新たに開所する施設は、周辺地域の旺盛な物流需要に対応するとともに、交通アクセスの良さを活かし、関東地域と東北・北海道を結ぶ中継・集約拠点の役割を担っていくという。

 流山ベースの特長は、圏央道や東京外環自動車道の延伸によって利便性が向上し、企業の製造拠点や物流拠点が集積する周辺地域の旺盛な物流需要に対応した。また常磐自動車道の「流山IC」に近く、複数の高速道路にアクセスしやすい立地と、最新鋭マテハンによる優れた仕分け能力によって、周辺地域のみならず、関東全域と東北・北海道の間を行き交う荷物の中継・集約機能を担うことができるという。さらに、施設内に保育所が併設されているなど、より働きやすい環境が整備されている。

 立地は常磐自動車道「流山IC」より約2.7kmと至近に位置し、東京外環自動車道、東北自動車道にもアクセスしやすいことから、関東地域と東北・北海道を結ぶ拠点として最適な立地となっている。

新ターミナルの基本情報

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ