海外EC・ネットショップ情報

2018/08/04

海外旅行アクティビティのECサイト、タビナカ顧問にガリバー元専務の吉田行宏氏とExpedia元代表の三島健氏が就任

海外旅行アクティビティのECサイト、タビナカ顧問にガリバー元専務の吉田行宏氏とExpedia元代表の三島健氏が就任

  海外現地オプショナルツアー・アクティビティの予約サイト「タビナカ」を運営する株式会社タビナカの顧問に、元ガリバーの常務取締役を勤めた吉田行宏氏、と元エクスペディア・ホールディングス株式会社代表の三島健氏の2名が就任した。

 元ガリバーの吉田氏は、創業4年でIPO、10年で1,000億の売上をあげた実績を持つ。タビナカでは、事業戦略、組織戦略に携わるという。また、三島氏は、グローバルOTAの日本代表を務め、日本の旅行業界を牽引した人物。海外アライアンスやマーケティングに携わる。

「タビナカ」とは

海外オプショナルツアー・アクティビティの予約・販売サイト。海外100都市以上、4,000商品以上のツアーを販売しており、全て日本語に対応している。
https://tabinaka.co.jp/

株式会社タビナカ

「タビナカ(旅中)」のアクティビティ予約・販売事業を行う。「地域上の観光資源にアクセスする仕組みを創る」をミッションに掲げ、海外に子会社を持ちながら多拠点で事業を展開している。

※旅行市場はフェーズごとに「タビマエ(旅前)」「タビナカ(旅中)」「タビアト(旅後)」の3段階に分類することができ、さらに移動、宿泊、食事、アクティビティ、お土産の5分野で構成されている。

吉田氏コメント


 私海外旅行は好きで、旅行代理店を使わずに、自分で比較サイトを使用してホテルや飛行機を予約して行くことが多いのですが、現地でのツアーやアクティビティの予約だけは難しく困っていました。また、家族で出かけると、次の日のアクティビティやレストランを探し、予約するなど、添乗員さんのような役割をしなければならず、完全にのんびりできない自分もいました。

 そんなときにタビナカを知り、自分の海外現地アクティビティを全て事前に設計、予約完結できることに感激しました。また、今後は事前予約だけでなく、現地に行った後でも、時間ができた際や、近隣で活動を探したい場合にも活用でき、旅の楽しさが物凄く広がると思います。現地で多くの非日常体験を、リスクやストレスなくできるかにかかっていると思います。タビナカでは現地でのレストランやマッサージ、アクティビティのリコメンドサービスもスタートしており、これらもAirbnbやUberのように必要不可欠なサービスとなると確信しています。

 旅は人生を豊かに楽しくし、成長もさせてくれます。その旅を、タビナカのビジョン「安心して挑戦できる世界を創る」とユニークな戦略で、さらに素晴らしいもの変えていくサポートをさせていただき、グローバルメガベンチャーの創出をしていきたいと思います。


三島氏コメント


 子供のころ、夏休みに毎年家族であちこちに旅行に行くのが本当に楽しみでした。決して便利な時代ではなく、情報も断片的な中、雑誌やカタログ、ガイドブックなどを手に、旅行先で何をしようか、家族で楽しめることは何かと色々と工夫をしながら両親は日程の調整や手配をしていました。そんな苦労も知らずに付いていっただけでしたが、家族で様々な場所を訪れ、風を感じ、音を聴き、新たな食に出会い、人々に触れ合う中で得た発見や感動は、大人になった今でも薄れるものではありません。

 対して現在。様々なサービスがあふれ、情報もソーシャル含め豊富に存在しています。しかし旅の目的ともいえる、現地での過ごし方については子供時代から極端な変化はありません。国内では気軽な街歩きをしていれば見つけられることも、海外に出かけた場合、史跡巡りや文化的イベントへの参加、食や人々との出会いなど、過ごし方の工夫はハードルが上がってしまっています。

 豊かな滞在をより身近にするためにタビナカは産声を上げました。タビナカで旅中を彩りのあるものへと変えていければと願っています。
 

 

 

 

カテゴリーごとに学ぶ