CtoC

2018/08/02

BUYMAのパーソナルショッパーが旅行者に現地ならではの体験を提供する「BUYMA TRAVEL」が始動

BUYMAのパーソナルショッパーが旅行者に現地ならではの体験を提供する「BUYMA TRAVEL」が始動

 海外ファッション通販サイト「BUYMA」を運営する株式会社エニグモは31日、世界143カ国に在住する11万人を超えるパーソナルショッパーが旅行者に“現地ならではの体験”を提供する「BUYMA TRAVEL(バイマトラベル)」のサービス提供を開始すると発表した。
 これは、パーソナルショッパーが自身の知識を活かした「予約サービス」と「現地ガイドサービス」、「観光プラン作成」を出品することができるもので、旅行者はガイドブックに掲載されていないような現地のお店や、ツアーでは体験できないような特別な体験を、パーソナルショッパーによる日本語でのサポートを受けながら体験することができる。

ファッションECから旅行体験のC2Cサービスへ

 これまで「BUYMA」では日本未上陸ブランドや国内完売アイテムなどをはじめとする世界中のファッションアイテムからコスメ、インテリア雑貨まで幅広く取り揃えてきた。今回の「BUYMA TRAVEL」の始動に伴い、新たにプラットフォームを整備したりユーザーの会員登録をする必要なく、「BUYMA」のプラットフォームを利用してサービス提供することができるので、取引情報やクーポン、ポイントなども「BUYMA」と共通で利用することができる。
 また、旅行体験を出品できるパーソナルショッパーは承認制で、海外在住の本人確認が取れたパーソナルショッパーのみとなっている。さらに出品情報についても「BUYMA TRAVEL」の事務局が事前にチェックした上で公開しているので、旅行者が慣れない旅行先で困惑することがないよう、配慮されている。すでにサイトを見ると「シドニーのインスタ映えカフェ巡りプラン」「パリの人気ショコラティエを巡るツアー」などが出品されており、現地の人しか知らないインスタ映えスポットやグルメなどのローカル情報が満載だ。“旅行体験のC2Cサービス”という新たな領域に踏み込む「BUYMA」の今後が楽しみだ。

 

カテゴリーごとに学ぶ