物流・在庫管理

2018/07/25

荷物を送りたい人とドライバーをつなぐマッチングサービス「Pick Go」が、法人向け集荷代行サービスの提供開始

荷物を送りたい人とドライバーをつなぐマッチングサービス「Pick Go」が、法人向け集荷代行サービスの提供開始

 荷主と配送ドライバーを直接マッチングするサービス「Pick Go」を提供するCBcloud株式会社は23日、2018年7月1日より企業の郵便物の集荷、および郵便局への配送、納入作業等を請け負うサービスを開始したと発表した。背景には2018年6月末をもって、日本郵便株式会社が企業への郵便物集荷サービスを停止したことが挙げられる。これまで日本郵便に集荷を依頼していた多くの企業は、自社で郵便局の窓口へ持ち込むか、後納ポストインの利用を余儀無くされ、郵便物を定期的に納入する手段を失って「集荷難民」となる社会問題が発生していた。

 こうした課題を解消すべくCBcloudでは、現在「Pick Go」に登録されている5,000名以上の豊富なドライバー網や追跡システムを活用して、日本全国を対象に法人向け集荷代行サービスの提供を決めたという。主な特徴としては、セキュリティを担保する為、1社あたり1台の専用便で対応すること、また、ドライバーの現在位置をリアルタイムで確認したり、配送先への到着時間、過去の配送履歴などの配送状況を簡単に確認できるので、電話での到着確認などは不要で、配送のシェアリングエコノミーサービスで予想される荷物が行方不明になってしまう心配などはなく、安心してサービスを利用することができる。さらに「Pick Go」の2018年3月末時点での配送マッチング率は99.2%、WEB上で配送を依頼してからドライバーからのエントリーがあるまで1分31秒という驚異的なスピードもサービスの充実度を示す安心材料となっている。
 7月1日のサービス提供開始以来、大手工作機械メーカー、印刷事業者、百貨店など業種業界を問わず多くの企業が利用しているとのことで、今後ますます「集荷難民」となった企業から熱い視線が注がれそうだ。

カテゴリーごとに学ぶ