物流・在庫管理

2018/07/23

業界初、再配達をなくす、アプリ連動型置き配バッグ専用の「置き配保険」が誕生

業界初、再配達をなくす、アプリ連動型置き配バッグ専用の「置き配保険」が誕生

 物流系ITベンチャーYper(イーパー)株式会社と東京海上日動火災保険株式会社は、Yperが開発する置き配バッグOKIPPA(オキッパ)向けに、盗難保険を共同開発した。7月から約1ヶ月間、東京23区にてOKIPPAの実証実験を実施している。OKIPPAは現在先行予約販売中で、市販を開始する8月下旬より保険も適用される予定だ。(https://store.okippa.life/

置き配保険とは

 今回開発した「置き配保険」は、OKIPPAバッグにて受け取った宅配物に関して、盗難保険を付保するものである。ここでの「置き配」とは、一般的な玄関前に段ボール箱をそのまま置く形式ではなく、置き配バッグOKIPPAに預入された状態を示している。置き配保険は、OKIPPAアプリにてOKIPPAバッグに配送される宅配物の商品情報と配送状況を管理することにより、宅配物がバッグに預入された時点から一定時間(24時間の予定)を対象とし、「置き配」という新たな配送方法へ保険を適用可能とした。OKIPPAバッグに預入後は、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ