最新EC・ネットショップ情報

2018/07/17

大丸松坂屋、「食べチョク」とコラボで朝どれ野菜のEC販売を開始

大丸松坂屋、「食べチョク」とコラボで朝どれ野菜のEC販売を開始

 J.フロントリテイリンググループの株式会社大丸松坂屋百貨店(以下、「大丸松坂屋」)は17日、オーガニックの農作物を栽培している生産者から自慢の農作物を農家直送で送ってもらえるサービス「食べチョク」を運営している株式会社ビビットガーデンとコラボレーションし、朝どれ野菜の EC販売を大丸松坂屋のECサイトにて、期間限定で開始すると発表した。
 現段階では販売期間は約3ヶ月の予定で、千葉県や岡山県、三重県などの6農園が生産するこだわりの季節野菜や卵をおまかせでセットにして収穫の翌日にお届けする。分量は1~2名用のSサイズから4名用のLサイズまで、価格は2,768円~7,945円(送料・税込)の予定で、全ての野菜にお品書きが付いてくる。

事業共創で双方にメリット

 大丸松坂屋ではかねてより「くらしの新しい幸せを発明する」というグループビジョンのもと、自社の資源と他社の資源を組み合わせる「オープンイノベーション」の取り組みを推進しており、「新しい顧客体験の提供」と「営業施策の高度化」を目指し、外部の知見を積極的に取り入れたデジタル戦略に注力してきた。今回のコラボレーションは、KDDI株式会社が提供する事業共創プラットフォーム「KDDI∞Labo」を通じて実現したもので、新規顧客の拡大や認知度の向上を図りたいビビットガーデン側にとっても絶好の機会となったのではないだろうか。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ