物流・在庫管理

2018/07/11

物流の自動化実現への一歩、自動配送ロボットの開発を行うスタートアップ「株式会社Hakobot」を設立、アドバイザーに堀江貴文氏が就任

物流の自動化実現への一歩、自動配送ロボットの開発を行うスタートアップ「株式会社Hakobot」を設立、アドバイザーに堀江貴文氏が就任

 自動運転技術を駆使した配送ロボットの開発を行い、迅速な市場への導入を目指す株式会社Hakobotを2018年5月に設立した。同時にSNS media&consulting、株式会社ヒトメディア、その他個人投資家からの出資により設立され、アドバイザーにはロケット事業も手がける堀江貴文氏が就任したことを発表した。

 自動運転技術の発達により、完全自動運転自動車の実現も現実的なものとなってきた。同社はその自動運転技術を利用して、陸上を走る無人の自動配送ロボットを開発中だ。運送業界で注目されている、人手不足や労働環境問題の解消、ロボットの導入による業務の効率化を目指し、これから様々な問題が顕在化してくる「地方」にこの会社を設立した。

 すでに、海外では無人自動配送ロボットの開発は行われており、2018年末までに1000台の導入を目指し、20億円以上の資金調達に成功している企業も存在する。さらに、公道を走行し、フードデリバリーの実験を行なっている様子なども見受けられるが、日本ではまだこの分野に取り組んでいる企業は少ないのが現状だ。

 今後の展開として、試作品が完成次第、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ