物流・在庫管理

2018/07/03

アスクル、新たな小口配送モデルの実証実験を開始

アスクル、新たな小口配送モデルの実証実験を開始

 アスクル株式会社は7月12日より、新たな小口配送モデルの実証実験を開始する。同モデルは経済産業省が所管するグレーゾーン解消制度を活用し、国土交通省に確認を行った結果、オフィスビル等の空きスペースを借り受け、同事業における商品を一時保管する行為が、倉庫業法上の登録を要しないことが明確にされたことを受けて開始するもので、今後も拡大が見込まれるECの小口配送における多くの課題を解決する新物流モデルとして期待されている。
 アスクルは、物流先進企業として、この実証実験を通じて同モデルの有効性を検証し、物流現場の負荷軽減と今後のEC市場の一層の発展と拡大を両立させる新物流モデルとして確立させていく。

 アスクルでは、顧客からの注文に応じて都度顧客別にピッキング・梱包した荷物を、在庫拠点である全国9か所の物流センターから出荷し、小口の輸送・配送を行っている。
 新モデルは、輸送・配送を分離して実施するモデルとなる。アスクルは、EC事業者として保有する購買・配送ビックデータの解析により、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ