CtoC

2018/06/20

メルカリ、世界進出を視野に東京証券取引所マザーズに上場

メルカリ、世界進出を視野に東京証券取引所マザーズに上場

 株式会社メルカリは19日、東京証券取引所マザーズへの新規上場を果たした。売り出し価格は1株3,000円だったが、同日終値は5,300円となり、時価総額は約4,000億円から約7,200億円まで上がって今年最大規模の新規上場となった。

 上場にあたり、創業者の山田進太郎氏がメッセージを寄せた。その中で山田氏は今回の上場で集めた資金を元に「人への投資」「テクノロジーへの投資」「海外への投資」を強化していくとしており、「新たな価値を生み出す世界的なマーケットプレイスを創る」というミッションの達成に向けて世界挑戦を続けていく考えを明かした。特に「テクノロジーへの投資」については、AIやブロックチェーン、IoTなどへの投資を通じてマシンラーニングによる出品率・売却率の向上、カスタマーサポートの自動化、自動翻訳、異なる言語間での取引の推進などを図っていきたいとしている。新規上場により新たなステージに立つメルカリから今後も目が離せない。

カテゴリーごとに学ぶ