最新EC・ネットショップ情報

2018/05/25

LINEを活用した夜間配達代行サービス「TODOCU」が渋谷エリアを中心に提供開始

LINEを活用した夜間配達代行サービス「TODOCU」が渋谷エリアを中心に提供開始

 WEB、アプリ制作や仮想通貨取引所の価格差が一目でわかる「アビトラチャンス」などを運営する207株式会社は23日、LINEを活用した新しい配達の形、夜間配達代行サービス「TODOCU(トドク)」の提供を開始したと発表した。これは「日中の在宅が少なく荷物を受け取れない」「受取り日時の指定が難しい」といった課題を解決するべく、夜間配達に絞った日本初のサービスで、登録や配達依頼などは全てLINEを通じて行う。

専用の配達用住所でプライバシーにも配慮

 LINEを通じて「TODOCU」を友達登録すると、配達用の専用住所が発行される。利用者がその住所を利用してショッピングを行うと、「TODOCU」が一度荷物を預かった上で、夜間に改めて利用者の元に荷物が届けられる仕組みだ。個人間取引などで「自宅を特定されたくない」といったニーズにも応えることができ、配達通知や配達依頼は全てLINE上で完結できる上、最大3週間まで無料で荷物の保管を行ってくれる(4週目以降の保管は保管手数料100円(税込)/週)など、忙しい人やプライバシーが気になる人にとって、利便性の高いサービスとなっている。

 利用料金は配送手数料が1回500円(税込)に加え、月額利用料が1,500円(税込)の予定だが、現在サービス開始記念として月額利用料が無料となるキャンペーンを行っており、年間で20,000件の登録者数を目指しているという。尚、キャンペーン終了時期は未定とのこと。

 現在サービス対応エリアは渋谷駅を中心とした一部地域に限られているが、今後利用者の状況に応じて順次拡大していく予定とのこと。コンビニ受取りやロッカー受取りなどと異なり、自宅にいながら、配達依頼から30分以内に確実に受け取ることができるので、再配達問題の解消に一役買いそうだ。

カテゴリーごとに学ぶ