物流・在庫管理

2018/04/25

DeNAとヤマト運輸が共同で自動運転車による「ロボネコヤマト」の実証実験を実施

DeNAとヤマト運輸が共同で自動運転車による「ロボネコヤマト」の実証実験を実施

 株式会社DeNAとヤマト運輸株式会社は24日、神奈川県藤沢市の一部地域において2017年4月より実施している自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指すプロジェクト「ロボネコヤマト」の一環として、自動運転車両を用いた配送の実証実験を実施したと発表した。
 これまでの「ロボネコヤマト」の実験では、専任のドライバーによる有人運転で、ドライバーは荷物の発送・受け取りには関与せず、利用者自身が荷物を車両から取り出す設計で運用してきた。今回は新たに、車両の走行を実際に自動運転化した際の改善点の洗い出しを目的として、約6㎞の藤沢市公道において運転席にドライバーが着座した状態での自動運転(ハンズフリー)走行のほか、封鎖された公道上を運転席にドライバーが着座しない状態での自動運転(助手席にスタッフが着座)走行も行われた。また、日本信号株式会社協力のもと、携帯電話網を用いて信号情報を自動運転車両へ送信する日本初の技術実証も実施された。

実験の流れ

1、「ロボネコヤマト」車両に宅急便荷物を預入
2、ドライバーレス(封鎖環境内)での自動運転車両による1の荷物の受け取り
3、信号情報を受信し自動運転走行
4、「ロボネコストア」地域商店1店舗目の商品集荷
5、「ロボネコストア」地域商店2店舗目の商品集荷
6、ドライバーレス(封鎖環境内)での自動運転車両による4・5の商品の受け取り
※1,3,4,5は運転席にドライバーが着座した状態での自動運転(ハンズフリー)
※2,6は運転席にドライバーが着座しない状態での自動運転(助手席にスタッフが着座)

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ