最新EC・ネットショップ情報

2018/03/18

ユーザーが会員権を売買できる新しい会員権取引所「SPOTSALE」がオープン

ユーザーが会員権を売買できる新しい会員権取引所「SPOTSALE」がオープン

 大分市に拠点を置くイジゲン株式会社は13日、店舗や企業が会員権を発行してそれを販売することで資金調達とファンの獲得ができる会員権取引所、「SPOTSALE」の提供を開始したと発表した。この「SPOTSALE」の特徴は、購入した会員権をユーザー間で売買できることだ。例えば、「ある店舗の会員権を購入したが、引越しにより優待を使えなくなってしまった」という場合に、ユーザーはその会員権を売りに出すことができる。人気の会員権は価格変動も発生するため、買った時よりも高値で売れる可能性もあるという。

 会員権には「会員はお会計から20%OFF」や「ドリンク1杯無料」などがあり、店舗や企業はこの仕組みを通じて新規顧客の獲得やロイヤルカスタマーの醸成などに利用することができる。会員権の購入には、まずSPTと呼ばれるポイントをクレジットカードで購入する必要がある。1SPTは1円で購入することができ、公募を行っているお店の公募期間中に指定の価格で申し込みをする。応募過多の場合は抽選となる。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ