マーケティング

2018/03/13

Eコマース向けAI、BitRewardsが日本企業に向け提携交渉開始、独自開発AIを搭載したソフトウェアを無償提供

Eコマース向けAI、BitRewardsが日本企業に向け提携交渉開始、独自開発AIを搭載したソフトウェアを無償提供

 Eコマース事業者向けリワードプログラムの開発、提供を行うBitRewardsは日本企業に向けて提携交渉を開始した。提携の対象となるのは日本全国のEコマース事業者で、同社が開発した独自のAIが搭載されたロイヤリティプログラムソフトを無償で利用できるようになる。3月中旬より導入を希望する事業者の問合せ受付を開始し、随時情報提供していく予定だという。

 BitRewardsはEコマース事業者向けに顧客のロイヤリティ向上を目的としたリファーラルツールやロイヤリティプログラムを提供している、モスクワに本社があるGIFTDのスピンアウトだ。GIFTDはロシア政府が推進するハイテク産業の経済特区であるスコルコボ参加企業としてロシア政府からさまざまな支援を受けており、欧州の大手Eコマース事業者をはじめとした約500社へGIFTDソリューションを提供しているという実績がある。

 今回BitRewardsのロイヤリティプログラムに搭載されているAIは、顧客の購買履歴や購買行動に基づき、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ