物流・在庫管理

2018/02/25

日本初、路線バスを活用した客貨混載で共同輸送を開始

日本初、路線バスを活用した客貨混載で共同輸送を開始

 宮崎交通株式会社と日本郵便株式会社およびヤマト運輸株式会社は連携し、路線バスを活用した「客貨混載」の共同輸送を開始した。
 路線バスを活用した客貨混載は、これまで各社とも事例はあったが、複数事業者の貨物を共同輸送するのは全国で初めての取り組みで、2月20日に国土交通省から、全国初の「バスの貨客混載・共同輸送事業」として、物流総合効率化法の対象に認定された。

 宮崎交通とヤマト運輸が2015年10月から実施している「客貨混載」に日本郵便が参画し、これまで1日3往復していた村所(むらしょ)郵便局-西都(さいと)郵便局間のうち、村所郵便局で引受けた郵便物等を西都バスセンターまで輸送する片道1運行について、路線バスを活用した「客貨混載」で共同輸送する。日本郵便とヤマト運輸は、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ