店舗運営

2018/02/08

中国消費者向け日本商品特化型越境ECショッピングアプリ「豌豆(ワンドウ)」、自社倉庫の一部をタッチ&トライができるショールームとして開放

中国消費者向け日本商品特化型越境ECショッピングアプリ「豌豆(ワンドウ)」、自社倉庫の一部をタッチ&トライができるショールームとして開放

 中国消費者向け日本商品特化型越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラ株式会社は、旧正月・春節の時期に合わせ、東京・青海倉庫の一部を、「豌豆公主(ワンドウ)」の人気商品を実際に手に取って試すことのできるショールームとして、2018年2月8日(木)より一般ユーザーに開放した。

 同件は、「豌豆公主(ワンドウ)」の中国人ユーザーからの「日本の人気商品を購入前に試したい」という要望に応えるため、顧客サービスの一環としてスタートしたもの。

 ショールームの来場者は、「豌豆公主(ワンドウ)」で取り扱っている約40,000SKUの商品の中から、食品・化粧品・アパレルなどの厳選した人気商品 約1,200SKUを実際に手に取って試すことができる。さらに、「豌豆公主(ワンドウ)」アプリのバーコードリーダーでJANコードを読み込むと中国語の商品説明や口コミなどが表示され、中国人ユーザーは商品の特長を詳しく確認することができる。なお、訪日中国人観光客ユーザーは、気に入った商品を「豌豆公主(ワンドウ)」日本国内オンライン販売モードで

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ