最新EC・ネットショップ情報

2018/01/23

「LINEショッピング」、掲載アイテム数3,000万点を突破ー利用者属性も併せて公表

「LINEショッピング」、掲載アイテム数3,000万点を突破ー利用者属性も併せて公表

 LINE株式会社は22日、LINEから簡単に買い物が楽しめるショッピングサービス「LINEショッピング」において掲載アイテム数が3,000万点を突破したと発表した。また、2017年6月15日のサービス開始以来、半年を迎えた12月15日時点でのユーザー属性も併せて公表された。

 「LINEショッピング」では、新たな登録をせずに普段の買い物を楽しめるという点が好評を博しており、掲載アイテム数はスタート当初の4倍となる3,000万点に増加、会員数は1,400万人を突破した。会員の男女比は女性が78%と圧倒的に多く、世代別では25歳~34歳が35%、35歳~44歳が30%となっており、18歳~44歳までの若年層世代が会員の約82%を占めていることがわかった。

 若年層を引きつける最大の魅力はやはり、「LINEポイント」の還元率の高さだろう。「LINEショッッピング」を経由して、掲載されたECサイトで買い物をすると、購入金額に応じて1%~20%の「LINEポイント」を得ることができ、購入先のECサイト独自のポイントと併せてダブルで獲得することができる。また、獲得した「LINEポイント」は「LINE Pay」で1ポイント=1円相当で使用できるほか、提携企業のポイントや商品と交換することも可能だ。

 「LINEショッピング」では今後も「LINEポイント」の還元キャンペーン強化やリアル店舗連動のテスト運用など、オフラインとの連携強化も視野に入れていくとしており、2018年度は流通総額1,000億円を目標に、新たな店舗の追加やサービスの機能改善・コンテンツ拡充を積極的に行っていくとのこと。新しいECショッピングモールの形として、どこまで進化していけるのか、注目だ。

カテゴリーごとに学ぶ