物流・在庫管理

2018/01/15

米国宅配ロボットベンチャー企業「Robby Technologies Inc.」へ投資実行、先進情報を取得し事業の日本市場展開を支援

米国宅配ロボットベンチャー企業「Robby Technologies Inc.」へ投資実行、先進情報を取得し事業の日本市場展開を支援

 プロパティエージェント株式会社は、米国カリフォルニア州シリコンバレーの宅配ロボットベンチャー企業Robby Technologies Inc.への投資の実行を発表した。

投資目的及び投資金額

 プロパティエージェントでは、自社開発する物件の資産価値を向上するべく、かねてより同社が2007年に特許を取得した「建物内搬送システム」(物品を直接居住者に届ける機械装置システム)の活用について検討してきたが、その検討の過程において、昨今話題となっている宅配業界の人材不足問題に直面した。市場規模10兆円以上の宅配業界は、ECの利用浸透により年10%以上で成長しているものの、働き手不足、働き方改革の影響により、今後ロボットによる自動化が予見されている。同社では、このようなことから、宅配ロボット開発において先行している米国カリフォルニア州シリコンバレーの宅配ロボットベンチャー企業Robby Technologies Inc.への投資を行うことにより、

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ