最新EC・ネットショップ情報

2017/12/20

LINE、シェアバイクの「Mobike」と資本業務提携ー2018年上半期を目処に運用開始へ

LINE、シェアバイクの「Mobike」と資本業務提携ー2018年上半期を目処に運用開始へ

 LINE株式会社は20日、シェアバイクサービスを展開するモバイク・ジャパン株式会社と日本国内におけるシェアバイク事業展開に向けて資本業務提携を締結したと発表した。モバイク・ジャパンは中国に本社を置き、スマートバイクシェアサービス「Mobike」を展開する株式会社モバイクの日本法人で、2016年4月に上海にて運用開始して以来、世界中200都市以上で登録ユーザー数2億人以上、一日あたりの最大利用回数は3,000万回以上にのぼる世界最大のバイクシェアサービスへと成長している。2017年6月にモバイク・ジャパンを設立後、8月には札幌市内にてサービスを開始しており、2018年上半期を目処に「LINE」アプリ内から「Mobike」を利用できるよう準備を進めていくとのこと。

中国でシェアバイクが急成長したワケ

 中国では日本に先駆けてシェアバイクが急速に普及している。以前から「コミュニティサイクル」と呼ばれる自転車は存在していたものの、急速に拡がったのはここ最近だそうだ。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ