越境EC

2017/11/14

「独身の日」、一日の流通総額2.8兆円ー越境ECの国別流通総額は昨年に続き日本が1位

「独身の日」、一日の流通総額2.8兆円ー越境ECの国別流通総額は昨年に続き日本が1位

 中国最大のECサイト運営会社アリババ・グループ・ホールディングスは12日、同社が「独身の日」であたる11月11日0時にスタートした「11.11 Global Shopping Festival 2017」において1日の流通総額が1,682億元(約2兆8千億円)となり、前年比+40%で過去最高を更新したと発表した。0時からスタートしたこのイベントは、13時9分には昨年の同イベントの流通総額である1,207億元を突破。会員数4.5億人以上を誇る同社のオンライン決済サービス「Alipay」を使った決済取引数は14.8億回(前年比+41%)で、こちらも過去最高となった。

中国への越境ECの強さを見せる日本

 このイベントは2009年にオンラインショッピングの価値向上を目指し、加盟店や消費者向けのイベントとして開催された。初回のイベントに参加したのは27店舗だったのに対し、今年のイベントには世界各国から14万のブランドが参加していることからも、そのスケールの壮大さとアリババグループの成長の凄さがわかる。
 今年は流通総額の90%を占める2兆5,886億円が「Alipay」を介したモバイル経由で購入されており、前回の82%と比較しても大きく増進した。
 また、越境ECを通じた中国への販売上位国は1位日本、2位アメリカ、3位オーストラリア、4位ドイツ、5位韓国となっており、昨年に続くV2となった。

続きは会員の方のみお読みいただけます。

無料会員登録 ログイン

カテゴリーごとに学ぶ