物流・在庫管理

2017/10/01

DHLジャパン、個人向け国際Eコマース配送において宅配便ロッカーの利用を開始

DHLジャパン、個人向け国際Eコマース配送において宅配便ロッカーの利用を開始

 国際航空貨物輸送会社、DHLジャパン株式会社は、個人向け国際Eコマース荷物の配送において、宅配便ロッカーの利用を開始した。これにより、海外通販などを利用の個人ユーザー向けに特化した「DHLオンデマンドデリバリー」で、荷物を、鉄道駅やスーパーマーケット等に設置された宅配便ロッカーで受け取れるようになった。

 同サービスで利用可能な宅配便ロッカーは、現在、東京都、大阪府および愛知県の都市部を中心とした日本全国255カ所で、今後、ユーザーの更なる利便性向上に向け、利用可能な地域とロッカー数を拡大していくという。宅配便ロッカーは、Packcity Japan株式会社が設置、運営しているオープン型の「PUDOステーション」を利用することができるという。

カテゴリーごとに学ぶ