Amazon

2017/09/20

Amazon、法人・個人事業主向け購買専用サイト「Amazon Business」を日本でサービス開始

Amazon、法人・個人事業主向け購買専用サイト「Amazon Business」を日本でサービス開始

 総合オンラインストアAmazon.co.jpは、中小企業からグローバル企業、大学や学校などの教育研究機関、公的機関など、あらゆる規模、業態の購買ニーズに応える新しい法人・個人事業主のユーザー向け購買専用サイト、Amazon Businessのサービス開始を発表した。(https://www.amazon.co.jp/business

 Amazon Businessでは、請求書払いの他、自社の購買傾向や履歴を可視化し、コストを管理できる購買分析・レポート機能など、企業購買に必要な多くの機能を提供する。また、Amazon Businessのユーザー向けの法人価格や数量割引、期間限定配送特典を利用することができる。従来のAmazonの品揃え、価格、利便性に加え、これらのすべてのサービスや機能をAmazon Businessで提供していく。

 Amazon Businessでは、2億種類以上の品揃えの中から商品を簡単に見つけることができる。オフィスで必要な商品として、ノートPC、プリンター、ネットワーク機器、ストレージ、文房具、家具など、メンテナンス・リペア・オペレーションズ向けとして、100万点を超える電動工具、産業用品および安全・保護用品などを取り揃えている。自動車関連の事業者向けには、タイヤ、純正部品、塗料、自動車アクセサリーなど、500万点を超えるカー用品を、さらに、飲食店向けには、テーブルウェア、バー用品、清掃用品などのキッチン用品や調理器具を含め、幅広い品揃えの商品を取り揃えている。そして、大学や研究機関ユーザーは、顕微鏡などの科学・実験用品を数万点の品揃えの中から購入することができるという。

Amazon Businessの主な機能

 同サービスの特徴として、請求書払いが可能で、すでにAmazonで提供されているクレジットカード払いや代金引換などの通常の支払方法に加え、月末締の請求書払いができるという。また、承認ルール設定があり、支出を管理して可視化するため、承認権限や下限金額など、承認ルールをユーザー自身で設定することが可能となる。その他、見積書作成時に、社内での事前承認用に、PDFもしくは印刷した見積書で、価格と条件を簡単に確認することができたり、購買分析レポートに関しても、購入日時、購入品目、部門、購入方法など様々な切り口でレポート作成、分析ができ、さらに顧客ごとの用途に合わせてカスタマイズすることが可能となっている。さらに、消費税込み価格と消費税抜きの価格が商品ページ、購入ページ、及び請求書と領収書に表示され、また購買システムの連携ができるため、SAP Aribaおよびソフトバンク コマース&サービス(株)のパーチェスワン購買クラウドサービスをはじめとする購買システムとの連携が可能になっているという。

カテゴリーごとに学ぶ