越境EC

2017/09/01

UA原宿本店、越境EC「Farfetch」に出店ーカタログ同梱でリピート施策も

UA原宿本店、越境EC「Farfetch」に出店ーカタログ同梱でリピート施策も

 株式会社ユナイテッドアローズは8月29日、展開するブランド「UNITED ARROWS」(以下、「UA」)の「UA 原宿本店」が、海外のオンラインショッピングサイト「Farfetch(ファーフェッチ)」に出店したことを発表した。「Farfetch」は世界中の名だたるハイブランドやセレクトショップが集まる越境ECサイトで、今回の出店により世界160カ国以上の国々に向けての販売をスタートすることになる。

海外でのニーズの高まりが背景に

 「UA 原宿本店」では昨今、インバウンド客層の高まりをはじめ、米メンズファッション誌「GQ」が選ぶ「Best New Menswear Designers」を受賞するなど、特に海外からの評価が高い。こうしたことを背景に、9月の「UA 原宿本店」のリニューアルを機に海外へのアプローチを一層強化し、「UA」のブランド認知度向上とともに、直接来店が困難な海外の顧客への販売機会を広げるのが、今回の出店の目的だ。
 商品展開はまずはメンズからスタートし、世界各国の「Farfetch」から注文が入った商品は全て「UA 原宿本店」から発送する。その際、送り先に応じてカタログを同梱するなどの施策を行うことでリピートを促したり、国内実店舗への来店喚起にも繋げたいとしている。また、今後はウィメンズの展開はもちろん、オリジナル企画商品や仕入れ商品を拡充し、「UA」ブランドのファン獲得を全世界的に行っていく。
 今年6月には、海外在住者向け購入代行サービス「Buyee(バイイー)」の連携機能を導入するなど、海外の顧客が安心して購入できる環境作りを行ってきた。こうした施策により、どこまでブランド認知を高めることができるのか、注目だ。

カテゴリーごとに学ぶ