店舗運営

2017/08/27

ECデータバンクがネットショップ運営者向け「1000円ポッキリ商品を自動表示」の提供開始

ECデータバンクがネットショップ運営者向け「1000円ポッキリ商品を自動表示」の提供開始

​ ネットショップの効率化・自動化サービスを提供するECデータバンクは、ネットショップ運営者向けに、ショップ内の1000円ポッキリ商品を自動表示するシステム「ポッキリ商品自動表示」の提供を開始した。(http://www.ecdb.jp/system_pok.htm

 楽天市場の「お買い物マラソン」、ヤフーショッピングの「お買い物リレー」といった、複数のショップで買い物をする事でポイント倍率が上がるショッピングモールのキャンペーンは、現在定期的に行われている。この買い回りキャンペーンの、対象商品は税込1,000円以上の商品だ。

 1ショップ目で高額の商品を購入した場合、2ショップ目以降は最低金額の税込1,000円の商品を購入した方が、購入金額よりもポイント還元額のほうが高くなり、買い回れば回るほどお得になる場合がある。この買い回りキャンペーンの特徴をうまく利用する事で、購入者はよりお得に買い物ができ、ネットショップ運営者にとっては売上を上げるチャンスになっている。

 「ポッキリ商品自動表示」は、税込1,000円の商品を表示する自動更新システムだ。ショップが行う事は、1000円ポッキリ会場を作成し、対象商品の価格を税込1,000円にするだけ。自動的に税込1,000円の商品を表示し、価格の変更だけで表示・非表示が可能。売り切れの場合は自動的に非表示にする事ができるので、メンテナンスの必要はない。

 更新間隔は約3時間に1回。デザインは自由で、デザインが組まれたHTMLファイルを提供しそのまま自動化することも可能だ。商品名や送料無料かどうかを表示する事はもちろん、二重価格の割引商品は「〇%OFF」といった割引率を自動表示する事もできるので、商品の魅力を十分にアピールできる。

 同社提供の自動化システムは全システム同一価格。60種類以上から自由に選べて2個~5,000円(税別)となり、ショップに最適な自動化システムを選ぶことができる。

カテゴリーごとに学ぶ