スタッフ業務

2017/08/23

GAUSS、AIを活用したEC販売のタグ付け業務効率化する画像検索技術を開発

GAUSS、AIを活用したEC販売のタグ付け業務効率化する画像検索技術を開発

 株式会社GAUSSは、画像および自然言語を人工知能活用して解析し、類似の商品画像から自動的に最適なタグを抽出および付与するシステムを開発した。
 これにより検索ワードに対するヒット率の向上および人手で行っていたタグ付け業務の効率化が図れる。

 2017年10月より共同開発先の株式会社ANAPが運営する「ANAPオンラインショップ」で試験運用を開始する。試験運用後、パッケージ化し、2018年初旬よりファッションEC販売各社へ展開する方針という。

 GAUSSがファッション領域に特化し開発したAIは3つの特徴があり、そのひとつは画像特徴量を解析し類似商品を検索することができるというものだ。その他、流行のファッション用語を解析して画像に最適なタグの提案が可能になり、またファッションアイテムの商品説明を自動生成することができるという。
 従来の画像に紐づくデータベースのタグ提案と違い、すでに販売されている類似製品の説明文やオンラインサービスの実際に検索されたワードからタグを自動抽出し提案することが可能となっている。
 同仕組みはサービスを利用するごとにデータが蓄積されていき、長く利用することで精度向上が見込めるようだ。

カテゴリーごとに学ぶ