越境EC

2017/06/22

「豌豆」を運営するInagora、カゴメの越境EC事業における販売・マーケティングの協業を開始

「豌豆」を運営するInagora、カゴメの越境EC事業における販売・マーケティングの協業を開始

 中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するInagora株式会社と、カゴメ株式会社は、販売・マーケティングの協働モデルで越境ECビジネスを開始する。

 主に取り扱う商品は、中国の消費者の 「健康」のニーズに沿ったカゴメの主力商品、カゴメトマトジュース、野菜生活100、カゴメトマトケチャップなどで、20~30代の女性など、健康意識の高い女性をメインターゲットとしている。

 またカゴメは中国向け越境ECにおいて、飲料は既に販売実績はあったが、トマトケチャップ等の食品類の取り扱いは初めてとなる。今後はさらに商品数を増やすほか、ライブ配信等の手法も活用し販売促進に取り組んでいくという。

カテゴリーごとに学ぶ