店舗運営

2017/06/13

AIの味覚診断で「美味しい」が見つかる、ワイン専門ECサイト「わたしワイン」オープン

AIの味覚診断で「美味しい」が見つかる、ワイン専門ECサイト「わたしワイン」オープン

 株式会社ナックは、AI(人工知能)を活用した味覚診断機能で自分好みのワインが見つかる、日本初(同社調べ)のワイン専門ECサイト「わたしワイン」(https://watashiwine.com/)をオープンした。

 「わたしワイン」はAIを活用し、ワインの味わいとユーザーの味覚の好みを分析する機能を搭載した。ユーザーそれぞれの好みに合ったワインを提案し、そのまま購入できる通販サイトだ。
 さらに、購入後のレビューをAIが学習して成長し、データが蓄積されることで精度が向上するという。

ECサイト「わたしワイン」の特徴

 ワインの味わいを、渋み、余韻、旨味、濃さ、果実味、甘味、酸味、香り、8つの要素に分けて、ソムリエがワインの味わいを数値化するため、ショップ内のワインを同じ基準で比較することができる。また、AIがユーザーそれぞれの味の好みの傾向と、各ワインの味の要素の数値とあわせて分析することで、ユーザーそれぞれの好みに合ったワインを紹介することが可能となる。
 そして、ワインの知識がなくとも自分好みのワインをユーザーが選べるように、お気に入りのワイン、飲んだワインはマイページに登録でき、感想を点数で残すことができる特徴もある。ラベルの写真、味の要素のチャートも確認できるので、ユーザーがどのようなワインを好むのか、ユーザー自身も知ることができる。また「わたしワイン」のサイト上だけでなく、他店舗やレストランでも、ワイン選びのヒントにも使用でき、ワイン選びの幅が広がるサービスとなっている。

カテゴリーごとに学ぶ