CtoC

2017/06/12

メルカリ、翌月にまとめて支払う「メルカリ月イチ払い」の試験運用開始

メルカリ、翌月にまとめて支払う「メルカリ月イチ払い」の試験運用開始

 株式会社メルカリ(以下、「メルカリ」)は5日、過去の利用実績を基に抽出した一部のユーザーを対象に、新しい支払い方法として「メルカリ月イチ払い」の試験運用を開始すると発表した。これは各月にメルカリで購入した商品代金の支払いを、翌月にまとめて行うことができる制度で、「コンビニ払い」を主に選択するユーザーにとって、買い物の度に何度もコンビニを訪れ支払い手続きを行うのが面倒という声に応えたものとなっている。試験運用期間中は一部のユーザーのみの利用となっているが、機能改善後、順次利用者全体への提供も予定しているとのこと。

「メルカリ月イチ払い」とは

 購入した商品の代金を翌月1日から末日の間にまとめて支払うサービスで、商品購入の際の支払い方法で「メルカリ月イチ払い」を選択するだけで利用できる。利用上限金額は20,000円で、コンビニや銀行ATM、メルカリ上の売上金などでも支払いが可能だ。手数料として利用ごとに100円がかかるが、オープニングキャンペーン中は月に何回使っても100円のみで利用できる。この支払い方法が広く受け入れられれば、1回100円の手数料はメルカリの新たな収入源となりうる。

 販売手数料無料のフリマアプリが多い中、10%の販売手数料がかかるものの、その圧倒的な販売力で売り手の心を掴み、順調の出品数を伸ばすメルカリ。この100円の手数料がかかる支払い方法は買い手の心をどこまで掴むことができるのか、注目だ。

カテゴリーごとに学ぶ