マーケティング

2017/05/28

トライステージ、フュージョンとCRM分野で業務提携、一気通貫でサービス提供が可能に

トライステージ、フュージョンとCRM分野で業務提携、一気通貫でサービス提供が可能に

 ダイレクトマーケティング企業を支援する株式会社トライステージと、総合マーケティングサービスプロバイダであるフュージョン株式会社が業務提携に合意した。

 ダイレクトマーケティングの支援分野は、主にクライアント企業の顧客獲得支援分野と顧客維持支援分野の2つに分けられる。トライステージは顧客獲得支援分野においては、テレビ通販枠でのNo.1シェアを基盤に、今年3月にインターネット広告代理店アドフレックス・コミュニケーションズ社を子会社化したことでサービスを確立させていた。トライステージでは、続いて顧客維持支援分野を強化するため、CRM支援力強化を経営課題検討していたという。

 通常事業者は、獲得した顧客に対しDM(ダイレクトメール)、Eメール、アウトバウンドコールセンターと様々な手段でのアプローチを検討する際、トータルにマーケティングROIを最大化したいと考えている。そのニーズにこたえるべく、ビッグデータ分析による優良顧客の抽出やアプローチ施策の設計が可能で、クリエイティブまで一気通貫で作ることがでくるフュージョン社との業務提携を決定した。
 
 今後は、フュージョン社のCRM診断ツール「CRM Analyzer」を使用したクライアント起業のCRMの構築検討などで提携を進めていくという。

カテゴリーごとに学ぶ