マーケティング

2017/05/27

フューチャーショップ、カゴ落ちした会員にメールでECサイト再訪問を促進する「FutureCartRecovery」に新しく「カゴ落ちリカバリー広告オプション」追加

フューチャーショップ、カゴ落ちした会員にメールでECサイト再訪問を促進する「FutureCartRecovery」に新しく「カゴ落ちリカバリー広告オプション」追加

 ECサイト構築支援プラットフォーム「FutureShop2」を提供する株式会社フューチャーショップは、カートに商品を投入したまま購入を完了せず、ECサイトを離脱した会員に再訪問を促すメールを送信する「FutureCartRecovery」を2016年10月にリリース。2017年5月には、新たにカート放棄された商品に限ったリマーケティング広告をカート放棄ユーザーに出稿する「カゴ落ちリカバリー広告」オプションをリリースした。(http://www.future-shop.jp/function/promotion/futurecartrecovery_dsp.html)

 今回リリースした「カゴ落ちリカバリー広告」オプションを導入すると、カート放棄された商品に限定したリマーケティング広告を、会員非会員問わず対象者の訪問先サイトへ表示可能となる。今まで再アプローチすることが難しかった初回訪問客に対しても再来訪を促進できるため、売上機会損失の回復のみならず、新規会員獲得に向けた施策の1つとなる。

 導入も非常に簡単で「FutureCartRecovery」タグを「FutureShop2」で設定する以外は、店舗のロゴの用意や初回ヒアリングシートに回答するだけで運用開始可能だ。広告に利用するバナーの作成も、サイズや商品毎に作成する必要なく、ロゴと商品画像を組み合わせて自動生成される。また、リマーケティング広告から購入完了後は全てのサイトで広告出稿が停止されるため、不要な露出を防ぐことができる。

カテゴリーごとに学ぶ