広告運用代行

2017/05/23

専門家のシェアリングサービスBizlink運営のGrowther「IT導入補助金」の支援事業者として経産省より認定

専門家のシェアリングサービスBizlink運営のGrowther「IT導入補助金」の支援事業者として経産省より認定

 専門家のシェアリングサービスBizlinkを運営する株式会社Growtherは、経済産業省からIT導入補助金の認定支援事業者としての認定を受けた。今後は経産省認定の経営革新等支援機関である株式会社シャイン総研と提携し、中小企業・小規模事業者補助金申請を代行する。補助金を活用して、中小企業・小規模事業者のマーケティングを強化し、ECサイトの運営の代行、コンサルティングなど売り上げをアップする支援を進める。



 Bizkinkは、経営の課題に応じた独立専門家をクラウド上で探せる専門家のシェアリングサービス。専門家はEC、アプリ開発等の企画やディレクション、広告運用、また集客や売上向上を目的としたブランディングなどマーケティングに特化しているのが特徴。自社内のリソースだけではなく優秀な専門家を1日単位で必要に応じて活用が可能なため、マーケティング人材が不足している地方企業などに多く利用されているという。専門家は現在約500人登録されており、相談内容ごとにグロウサーのビジネスプロデューサーが適切な専門家をアサインする。そのため利用企業は、自社の課題が明確でない状態でも効果を期待することができる。

IT導入補助金とは

 中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的としている補助金。導入経費のうち、100万円を上限に2/3まで申請可能なため、実質50万円の経費で150万円分の施策を行うことができる。

代表取締役社長兼CEO 姜 大成(カン テソン)氏のコメント

 中小企業・小規模事業者様は、本来素晴らしい経営資源をお持ちであることが多く、マーケティング面をサポートさせていただくだけで、大きく飛躍されることが多々ございます。今回IT導入補助金の支援事業者としての認定を受け、より多くの中小企業・小規模事業者様のマーケティングに対するお悩みを解決していくと共に、当社のミッションである「人とお金の流通変革を通じて、資本主義の構造を変え、新しい社会を創る」ことの実現を目指したいと考えています。

カテゴリーごとに学ぶ