Amazon

2017/04/21

「Amazon フレッシュ」、ついに東京の一部地域でサービス開始!ー最短4時間で生鮮食品を自宅にお届け

「Amazon フレッシュ」、ついに東京の一部地域でサービス開始!ー最短4時間で生鮮食品を自宅にお届け

 Amazon.co.jpは21日、新鮮な野菜や果物などの食料品を購入できるAmazonプライム会員向けの新しいサービス「Amazon フレッシュ」の提供を開始したと発表した。「Amazon フレッシュ」は2007年に米国のシアトルでスタートしたサービスで、昨年7月には英国ロンドンの一部地域でも開始、現在はサリーやハンプシャーにも拡大しており、東京でのサービス開始は3カ国目となる。

人気商品を多数品揃え

 「Amazon フレッシュ」では、1万7,000点以上の野菜、果物、鮮魚、精肉、乳製品などを取り扱い、日用品もキッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品などを取り揃え、合計10万点以上の商品を購入することができる。その他にも専門店としてすき焼きやしゃぶしゃぶなどで人気の人形町今半、堂島ロールでおなじみのモンシェール、くずもちの老舗船橋屋などの人気店も多数集結し、万全の体制だ。有機野菜をはじめとする厳選された野菜や果物などを取り扱うOisixも野菜や豆腐などを中心とした食材を販売し、新規顧客の獲得に繋げる構えだ。
   さらに毎週火曜日・金曜日には契約農家から仕入れた採れたての野菜や、その日に加工した鮮魚などをまとめて紹介する「新鮮市」も開催予定で、サイト上の賑わい演出も万全だ。

プライム会員は30日間無料

 「Amazon フレッシュ」にはプライム会員のみが申し込むことができ、最初の30日間は無料で登録ができるものの、その後月額500円(税込)を支払う必要がある。また、配送料については6,000円(税込)以上の購入で送料が無料となり、それ未満の場合は1回の注文あたり500円(税込)の送料が発生する。配達は2時間ごとのお届け時間帯から指定ができ、最短注文から4時間後には商品の受け取りが可能となる。現在は港区、千代田区、中央区、江東区、墨田区、江戸川区が対象エリアとなっており、徐々に拡大していく予定とのこと。Amazonの新たな一手に期待が高まりそうだ。

カテゴリーごとに学ぶ