新規参入

2017/03/31

リクルート、駐車場シェアリングサービス「SUUMOドライブ」をGWを目処に開始

リクルート、駐車場シェアリングサービス「SUUMOドライブ」をGWを目処に開始

 株式会社リクルート住まいカンパニーは23日、空き駐車場を貸したい貸主と、駐車場を探しているドライバーを結びつける新サービス「SUUMOドライブ」を今年のゴールデンウィークを目処に開始すると発表した。今年2月には楽天が同じく駐車場シェアリングサービス「ラクパ」の提供を開始すると発表しているほか、既にトヨタと業務提携を結んでいる「akippa」などのベンチャー企業も事業に参入しており、今後市場競争が益々激しくなりそうだ。

不動産会社との繋がりが強み

 「SUUMOドライブ」の特徴として、駐車場の一時貸し出しができる他に、月極駐車場の無料募集が行える点が挙げられる。リクルートの運営する不動産情報サイト「SUUMO」内の「SUUMO月極駐車場(β版)」にて月極駐車場の利用募集が行うことができる上、それらにかかる費用は募集から成約まで全て無料とのことだ。一定の実績のある「SUUMO」内のページに掲載できるだけでなく、手数料がかかならいという利点は、多くの貸主にとってかなりのメリットとなりそうだ。

 一方、ドライバーにとってもメリットがある。「SUUMOドライブ」に登録される駐車場は全て駐車場管理業者が仲介した法人管理の駐車場なので、個人間での貸し借りと比べて、安心して利用することができる。又、一時利用の場合も15分10円からと格安での利用が可能だ。

 いままでリクルートは「SUUMO」を通じて全国の不動産業者との繋がりを築いてきた。不動産業者のもつ全国の空き駐車場の情報を集約することで、短期間で高い情報力を実現し、貸主にとってもドライバーにとってもより良いサービスを作り上げていくことができるという点は、後発ながら大きな強みとなるのではないだろうか。

カテゴリーごとに学ぶ