CtoC

2017/03/21

メルカリ、海外展開2例目となるイギリスでのサービスを開始

メルカリ、海外展開2例目となるイギリスでのサービスを開始

 フリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリは今月15日、アメリカに継ぐ海外展開2例目として、イギリスでのサービス開始を正式に発表した。2013年7月に日本でサービスをスタートさせて以降、2014年9月にはアメリカでサービスを開始し、昨年12月には日米合計6,000万ダウンロード(日本4,000万、アメリカ2,000万)を突破していた。日本発のサービスが世界中で利用されることを目指し、昨年Mercari Europeを設立し、準備を進めてきたという。
   メルカリ代表取締役社長山田進太郎氏とMercari Europe CEO伊藤錬氏のコメントは以下のようにコメントしている。

ーメルカリ代表取締役社長 山田進太郎氏
「2017年3月15日、イギリスでフリマアプリ"メルカリ"を正式にリリースいたしました。このような発表ができることを大変嬉しく思うとともに、日本、アメリカ、そしてイギリスでメルカリを応援いただいている皆様に感謝申し上げます。メルカリには、"新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを創る"というミッションがあります。このミッション実現のため、イギリスを皮切りにヨーロッパを始めとした他諸国へも進出し、世界中でよりたくさんの人に使われるサービス作りを本気で目指していきます。」

ーMercari Europe CEO 伊藤錬氏
「日米で愛されているフリマアプリ”メルカリ”を、イギリスの皆様にもお届けできることになりました。メルカリは、スマートフォン向けのアプリを通じて、商品の出品を劇的に容易にし、幅広い品揃えと魅力的な価格で個人間の商品売買に革命を起こしてきました。同時に、クオリティーの高いカスタマーサポートを提供することで、安心・安全なショッピング体験を皆様にお届けしていきます。」

カテゴリーごとに学ぶ