ネットショップ開業

2017/02/24

ネットショップ開設アプリ「BASE」、100万ダウンロード突破

ネットショップ開設アプリ「BASE」、100万ダウンロード突破

 BASE株式会社は21日、運営するネットショップ開設アプリ「BASE」が100万ダウンロードを突破したと発表した。「BASE」アプリは、導入店舗が自らファンを作り、商品情報をより多くのファンに発信することで、購入してもらう仕組み作りの場を提供するショッピングアプリで、2015年6月にアプリをリニューアルして以降、順調に導入店舗が増加し、約2年弱で100万ダウンロード突破となった。

ダイレクトマーケティングに強み

 「BASE」アプリの強みとして、購入ユーザーやファンに店舗から直接アプローチできるダイレクトマーケティングツールの存在が挙げられる。SNSのように店舗がフォロワーを集めることのできるフォロー機能では、商品入荷やセール、クーポンの情報などをフォロワーにいち早く伝えることができ、フォロワーが100人以上のショップは100人未満のショップに比べて売上平均は16倍増、購入件数は20倍増と大きく影響を与えることがわかっている。
    また、2016年9月にリリースされたプッシュ通知機能は、店舗がフォロワーに直接情報を送信できる機能で、同機能を利用したことのある店舗の平均注文件数は、一度も利用したことのない店舗の3倍にも昇るとの結果が出ており、フォロワーに強く働きかけるコミュニケーションツールであることが分かっている。

 「BASE」アプリはEC運営におけるハイスペックな機能よりも、フォロー機能やプッシュ通知のような基本機能を最大限活用し、誰でもかんたんに始められるという手軽さに重点を置いており、こうした“分かりやすさ”が「まずはどんなものが試してみたい」という多くの店舗運営者の共感を呼んでいるのではないだろうか。

 

カテゴリーごとに学ぶ