CVR改善

2017/02/19

パーソナライズド動画ソリューション「PRISM」対話式インタラクティブ動画機能を強化

パーソナライズド動画ソリューション「PRISM」対話式インタラクティブ動画機能を強化

 クリエ・ジャパンが提供するパーソナライズド動画ソリューション「PRISM」に、拡張機能として対話式インタラクティブ動画機能がリリースされた。PRISMは、金融、保険、不動産、EC、教育、医療・ヘルスケアなど、幅広い業界提供している、クリエ・ジャパンが独自開発したパーソナライズド動画ソリューション。顧客一人ひとりにその顧客データに合わせて動画を最適化できる。

 「PRISM」の 動画の生成・配信方法は3つある。「プレ生成配信」という属性情報や購買履歴、行動履歴など、事前の顧客データ分析に基づき動画を最適化して生成し配信する方式。「リアルタイム生成配信」という顧客の入力項目や選択内容に応じて、リアルタイムに顧客に最適な情報を動画に合成し、ストーリーを動的に最適化して配信する方式。「リアルタイム結合配信」という圧倒的な数の動画カットの中からリアルタイムに最適な素材を組み合わせて、顧客に合わせて最適なストーリーを配信する方式だ。

 今回は、加えて顧客のニーズに合わせてコンテンツを最適化できる対話式インタラクティブ動画機能を拡張・強化した。対話式インタラクティブ機能とは、顧客との間で動画を通じて「対話」することによって、動画をリアルタイムに顧客の欲しいコンテンツ内容に最適化し視聴できる機能である。例えば、顧客が動画を視聴している際にアンケートや入力フォームを自由に動画の画面上に出すことができ、顧客の選択に応じてストーリーが変化する。この機能により、顧客が入力した情報や条件などに応じて、最適な商品をレコメンデーションするとともに、選択した商品の価格や見積金額などをその場でリアルタイムに提示することが可能となる。
 また、動画でレコメンデーションされる動画内の商品をクリックすることにより、該当商品のWebページにジャンプすることができる。CVRを高める施策として有効だろう。
 動画はCVRにきちんと結びつける施策が重要となる。「PRISM」の機能などを使うことで、とりあえず作ってみた動画ではなく、きちんと効果の出る動画で訴求していきたい。
 

カテゴリーごとに学ぶ