マーケティング

2017/02/08

アプリ運営プラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」にてエンベッド動画機能β版がスタート

アプリ運営プラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」にてエンベッド動画機能β版がスタート

 ファストメディアが提供するアプリ運営プラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」にて「エンベッド動画」β版の提供がスタートした。現在はiOSのみでの実装となる。エンベット動画機能により、これまでテキストと画像のみで構成されていたアプリ内コンテンツに、画像を差し替える感覚で簡単に動画を活用したデザインが使用できるようになる。動画で期待できる効果は、大きく「売上/成果の向上」と「ブランディング」の2つ。

 β版は、女性に人気のアパレルブランド、「AZUL by moussy」「SLY」にて実装され、今後の正式版スタートの際には、アプリ運営プラットフォーム「Yappli」で自社アプリをリリースした企業がオプションサービスとして利用できるようになる。

 「Yappli(http:/yapp.li/)」はプログラミング知識不要で、ネイティブアプリを制作できるサービス。アプリ公開後もマニュアル不要の管理画面からドラッグ&ドロップするだけで直観的にiPhone、Androidのアプリを更新可能。また、アプリをストア公開するまでの手続きについてもサポート体制が整っている。

 今後の広告手法として注目度が増している「動画」だが、自社で制作し運用するのはハードルが高い。感覚的に利用できるYappliのようなサービスで手軽に導入し、効果を試していくのが良いだろう。
 

カテゴリーごとに学ぶ