CtoC

2017/01/19

個人間バックシェアサービス「ラクサス エックス」がサービス開始!

個人間バックシェアサービス「ラクサス エックス」がサービス開始!

 国内最大のバックシェアサービス「ラクサス」を運営するラクサス・テクノロジーズ株式会社(以下、「ラクサス」)は16日、個人間のバックレンタルを仲介する世界初のCtoCバックシェアサービス「ラクサス エックス」の提供を開始したと発表した。また、同時にラクサスは三井住友海上キャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、三菱UFJキャピタルなどから総額14億円を調達したことを明らかにし、2006年8月の創業以来の資金調達総額は22億円となった。調達した資金でAIやIoT、ロボット開発などのテクノロジー分野へ投資強化を目指すという。

バックシェアサービスとは

 「ラクサス」は月額6,800円で12,000個を超えるバックの中から好きなバックを個数無制限、期間無制限で使い放題できるサービス。今回新たにスタートした「ラクサス エックス」では、自宅に眠っている使っていないバックをラクサスに送り、他のユーザーに借りてもらうことで、借りられた日数分の収入(バック1個につき最大毎月2,000円)が得られるサービス。ここで得た副収入は現金として受け取ることができるほか、ラクサスの月額利用料に当てることもできる。また、ユーザーから預かったバックはプロの専属スタッフにより、フルクリーニング・フルメンテナンスされ、新品同様に生まれ変わらせることができる。業者に出せば数万円する修理も無料で受けられるのも魅力のひとつだ。さらにラクサスでは、バックの管理は最適な温度・湿度で徹底管理され、「自宅で保管していて日焼けした」「型崩れした」などの心配もない。クリーニングしてくれた上、副収入も得られるとあれば、自宅で使わず眠っているバックがある人にとっては、収納代わりに預けてみるのも選択肢に入ってくるのではないだろうか。

カテゴリーごとに学ぶ