Amazon

2017/01/19

Amazon、スタートアップを支援する「Amazon Launchpad」を日本で提供開始

Amazon、スタートアップを支援する「Amazon Launchpad」を日本で提供開始

  Amazon.co.jpは1月18日、スタートアップによる革新的な製品を紹介する「Amazon Launchpad」の提供を開始したと発表した。このサービスを活用することで、日本の起業家やイノベーターはAmazonの国内外のユーザーに向けての訴求機会の増加が期待できるとともに、Amazonによるマーケティング支援や配送ネットワークサービスなどを受けることができる。

すでに国内15社以上の企業が参加

  「Amazon Launchpad」では、ファッションアイテムや家電、PC、スマホスマホアクセサリ、家具、インテリアやキッチン用品、知育・学習玩具など、250を超える様々なジャンルのアイテムが出品されている。また、紛失防止デバイスを手がけるMAMORIOや家具ベンチャーのKAMARQなど国内のスタートアップ企業も15社以上が参加している。商品ページは通常のAmazon商品ページと異なり、スタートアップ企業のブランドストーリーを紹介する「Amazon Launchpad」専用の商品詳細ページとなっているほか、カスタマーQ&Aが用意されており、商品やブランドに対する不安を払拭した上で、安心して購入できる仕組みづくりが整っている。

グローバル展開のきっかけに

 「Amazon Launchpad」への参加条件のひとつとして、自社のオリジナル製品を即時、もしくは30日以内に日本のユーザーへ発送可能であることが挙げられている。また、現段階において「Amazon Launchpad」に適したスタートアップとして、Amazonネットワークの一部であるクラウドファンディングやベンチャーキャピタル、スタートアップアクセラレーターなどから資金提供を受けていることが挙げられているが、ネットワーク外にある会社から支援を受けているスタートアップについても、個別で検討するとしている。もちろん、既存の仕入先や販売事業者に関しても参加可能とのことで、全世界において信頼の厚いAmazonのネットワークを活用することで、海外展開への足がかりとしてみるのはいかがだろうか。

カテゴリーごとに学ぶ