スマホEC

2017/01/17

「KANADE DSP」がスマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告を開始

「KANADE DSP」がスマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告を開始

 京セラコミュニケーションシステム株式会社は、広告配信サービス「KANADE DSP」において、iOS、AndroidOSに対応したスマートフォンアプリ向けリエンゲージメント広告の提供を開始した。

 消費者のスマートフォンの利用時間の大半が、Webブラウザからアプリにシフトする中、スマートフォンアプリはプロモーションやマーケティング戦略において重要なツールとなっている。
 リエンゲージメント広告とは、EC事業者などが提供するアプリを既にインストールしているユーザに対して、自社アプリの利用促進を目的に広告を配信する手法だ。

 今回提供を開始するリエンゲージメント広告では、計測ツールとの連携によりユーザのアプリ利用状況を分析し、パーソナライズされたレコメンデーションバナーを、アプリ広告枠へ配信することができる。通販・旅行・不動産・人材紹介など、多品種を扱う広告主のユーザへ、興味関心に基づいたコミュニケーションを行うことにより、自社アプリの利用頻度の向上・休眠ユーザの呼び戻しを図ることが可能となる。(広告配信サービス「KANADE DSP」の詳細
URL:http://www.kccs.co.jp/kanade/dsp/

カテゴリーごとに学ぶ