マーケティング

2017/01/17

マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」アトリビューション機能を追加

マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」アトリビューション機能を追加

 株式会社ジーニーは、マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN(マジン)」(https://ma-jin.jp/ )において、アトリビューション機能を追加した。

 「MAJIN」は、ジーニーが2016年7月に提供開始した新型マーケティングオートメーションプラットフォームで、直観的にわかりやすいUI(User Interface)や機能、低コストにより、BtoC・BtoB双方の企業から好評だ。

 今回アトリビューション機能を追加したことで、利用する企業は複数の広告効果を明確に分析・評価することが可能となる。直接コンバージョンだけでなく、間接コンバージョンの効果を分析し、各媒体・広告の貢献度を明確に評価できることから、出稿予算や広告クリエイティブの最適化が見込まれる。また、従来は重複してカウントされていたコンバージョン数を、重複を排除して計測できるようになることから、複数媒体へ広告出稿される際にも、正確なコンバージョン数を把握することができる。

カテゴリーごとに学ぶ