最新EC・ネットショップ情報

2016/11/21

ミックスネットワーク、エイジアなど4社が協業でサイトのコンバージョンUPに向けたトータルソリューションを提供

ミックスネットワーク、エイジアなど4社が協業でサイトのコンバージョンUPに向けたトータルソリューションを提供

 Webサイト構築・運営プラットフォームを提供する株式会社ミックスネットワーク(以下、「ミックスネットワーク」)は21日、インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア(以下、「エイジア」)、IoTインテグレーションやEC・オムニチャネルパッケージ等を提供する株式会社エスキュービズム(以下、「エスキュービズム」)、人工知能「AIアナリスト」を通じてWebサイトのコンバージョン改善提案サービスを提供する株式会社WACUL(以下、「WACUL」)の3社と共同で、ECサイトやWebサイトのコンバージョンアップに向けたトータルソリューションの提供を目的に、協業を開始すると発表した。

それぞれの強みを活かした協業背景

 ミックスネットワークは、国内のエンタープライズ系CMSとして名高い「SITE PUBLIS」を提供しており、あらゆるWebサイトに対応できる拡張性が魅力だ。また、エイジアはメールマーケティングを主力としており、顧客の行動データをもとに最適化したメールを自動配信する「WEBCAS Auto Relations」を提供している。エスキュービズムは「オムニチャネル戦略」をサポートするパッケージを提供しており、WACULは、Google Analyticsのデータを元に改善案を挙げる人工知能「AIアナリスト」を提供している。

 今回の協業は、顧客へのソリューションの提供をスピーディかつ総合的に行えるようするための仕組みづくりを目的としている。ミックスネットワークとエイジアは2016年4月に、既に「SITE PUBLIS」と「WEBCAS Auto Relations」を連携させ、双方の顧客企業向けに「会員属性やWeb行動を元にしたパーソナライズメールの自動配信」がスムーズに行える体制を構築しており、今回新たにエスキュービズムとWACULが加わることで、サイトの構築・運用面や改善提案などにおいて、より深く顧客に寄り添う体制が整うこととなった。

「きちんと利益が出る! ネットショップ改善手法」を会員限定無料プレゼント!

この電子ブックでは、ECサポーター運営会社が、ネットショップを10年間運営してきた中で試した数百の施策のうち、特に効果のあったものを厳選してご紹介します。

  • 客単価を1.3倍にするシンプルな手法
  • 売れるバイヤーを採用するには?
  • 他ショップの“ここ”を月1回ウォッチする

無料資料ダウンロード&会員登録はこちら

お名前
会社組織名
メールアドレス

個人情報の取扱いについて

カテゴリーごとに学ぶ

メルマガ登録Free

業界動向や最新情報をお届けします
ご登録はこちらから!