サイト制作開発

2016/11/21

EC事業者に朗報!500円でアプリが作れる「ワンコインアプリ」が提供開始!

EC事業者に朗報!500円でアプリが作れる「ワンコインアプリ」が提供開始!

 ネットショップアプリのアプリの開発を手がけるART DIGは、11月16日(水)より、EC事業者向けに500円でネットショップのアプリが作れる「ワンコインアプリ」の提供を開始すると発表した。

ワンコインアプリとは

 「ワンコインアプリ」とは、ART DIGがEC事業者のネットショップアプリを制作し、AppStoreとGooglePlayの申請までを行ってくれるサービスのこと。初期費用は一律500円のみとなっており、広告表示があるが、月額利用料が980円で利用できるライトプランと、広告表示がなく月額利用料が1,980円となるスタンダードプランの2種類のプランの中から選択する。いずれのプランにおいてもクーポン配信やランキング表示、マイページ機能やニュース配信、開封率集計やOSアップデート対応など、ショップ運営に必要な機能は揃っており、初期費用500円でも安心して運営ができる。また、アプリのダウンロード数やiPhone、Androidの内訳などもアプリ管理画面を通じて事業者が簡単に確認することができるため、効果測定をしながら戦略的にアプリを利用することができるのだ。

メルマガよりもプッシュ通知の時代

 音と画面表示で顧客に情報を届けることのできるプッシュ通知は、いまや重要なコミュニケーション手段。メルマガの開封率が0.1%なのに対し、プッシュ通知はなんと50%以上と言われており、自社サイトへの誘導に大きな役割を果たしている。中にはアプリを制作することで、サイトへのページビューの50%がアプリ経由となるショップもあるようで、売上を大きく伸ばすチャンスとなりうるようだ。

 スマホユーザーが年々増加する中、その重要性は理解しながらも、費用面から導入を見送ってきたEC事業者にとって、低コストでアプリへのチャレンジができる「ワンコインアプリ」は救世主となりうるのではないだろうか。

カテゴリーごとに学ぶ